逆SEOの相場

逆SEOの料金は業者や案件によってまちまちであり、相場は一概には言えません。 ただ、一般的には月額10万円以上かかるというケースが多いです。

費用対効果

高い費用を払ったからといって、それだけ効果があるとは限りません。 つまり、費用と効果が比例するわけではなく、 あくまで対策を行う業者の「実力」によって結果が違ってくるということです。

まずは低予算で

誹謗中傷に悩んでいるからといって、高額の逆SEO対策を一気に投じるのは危険です。なるべく安くスタートとして、効果が出てきたら、予算を増やすといった方法が適格です。

費用を抑えるコツ

初期費用は払わない

逆SEOの費用を抑えるコツは、まず、初期費用の発生しない業者を選ぶことです。業者の実力が分からないうちから、いきなり高額の着手金を払うのはリスクが高すぎます。

契約は1か月単位

逆SEOサービスの契約は1か月単位にするのが賢明です。 3か月や半年の契約をしてしまうと、対策の効果があまりないことが分かっても、途中でやめられないからです。

最もコストが高いのは「コンテンツ」

逆SEO対策のコンテンツ費用を考える

逆SEO対策とは、検索結果の1ページ目にどのような内容を載せたいかを考え、それを実現することです。そのためには、サイトに「載せたい内容」を考え、それを文字(文章)にする必要があります。実は、このコンテンツ作成作業こそが、最も難易度が高い作業であり、コストもかかります。

企画

逆SEOのたのコンテンツづくりにあたっては、事前に企画を入念に考えることが大切です。 企画によって方向性が定まらないと、コンテンツも的外れのものができてしまいます。 また、コンテンツ企画の策定にはマーケティング力や文章執筆力も求められます。 これらのプロセスをしっかりと経ることで、逆SEOのトータルコストを軽減させることができます。

ドメインの費用

逆SEO対策には、ドメイン費用やサーバー費用が必要となります。検索順位を変動させるためには、たくさんのドメインやサーバーが必要になるからです。中小規模の逆SEOならともかく、大規模な逆SEOの場合、ドメイン・サーバーのコストを無視して逆SEOの費用を論じることはできません。

オールドドメインは10万円かかることも

価値の高いオールドドメインを取得するためには、10万円かかることがあります。逆SEO業者を選定するにあたっては、こうした費用が料金に反映されているのか、いないのか、チェックする必要があります。

サーバー管理費

逆SEOには、多数のサーバーが必要になるため、サーバー管理費も念頭に置いて検討する必要があります。技術の高い逆SEO会社であれば、自前で多数のサーバー設備(IP分散型)をそろえており、サーバー代は低予算で済むことが多いです。

株式会社WEB広報へ問い合わせ